シミ 急に

シミが急に濃くなった!?気になる原因と美白・美肌のお手入れ法

鏡を見ている時に、急にシミが濃くなったと感じたことはありませんか?

 

一体なぜシミは急に増えたり濃くなったりしてしまうのか、今回はそんなシミを悪化させてしまう原因について詳しくご紹介していきます。

 

シミを悪化させてしまう原因によってお手入れを見直すことが、シミ改善のカギになります。

 

なぜ急にシミが悪化してしまったのか、あなたのお肌に当てはめながら原因を考えてみましょう!

 

シミが急に悪化する原因

 

急にシミが濃くなったり、増えたりと、突然シミが酷くなるのにはいくつか考えられる原因があります。

 

まず一番に考えられるのが紫外線の影響です。シミができる原因は紫外線による影響が大きく、紫外線を浴びることで皮膚がダメージから肌を守るためにメラニンという色素を生成するようになります。

 

このメラニン色素は皮膚の細胞内に留まり、肌の生まれ変わりと言われるターンオーバーによって、役目を終えた不要な角質と共に排出されます。しかし紫外線の影響で過剰に生成されたメラニン色素は排出が遅れ、肌表面に蓄積してしまい、シミとなってしまうのです。

 

紫外線は1年中季節を問わず降り注いでいますが、5月〜8月は特に紫外線量が多くなり、肌への影響も大きくなってしまいます。そして紫外線ダメージを抱えたまま、季節の変わり目を迎えることで、肌のバリア機能が一気に低下し、様々なトラブルを引き起こします。

 

バリア機能の低下した肌は、乾燥・吹き出物・肌荒れなどを起こしやすくなり、肌のターンオーバーも乱れがちに。その為、夏時期に過剰に生成されたメラニン色素を排出することができずに、急にシミが悪化したように感じてしまうのです。

 

次に考えられるのがホルモンバランスの乱れです。女性の身体はとても繊細にできており、睡眠不足・ダイエット・ストレス・食生活の乱れなどで、すぐにホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

特に40歳を超えると上記のような原因に加えて、女性ホルモンと言われるエストロゲンの減少や更年期障害による影響からホルモンバランスが乱れやすい年代と言えます。
この時期に急にシミが濃くなったと感じる方が多い傾向にあります。

 

ホルモンバランスによるシミの悪化は、「肝斑」と言われる頬骨あたりに左右対称に広がるシミが原因になっていることがほとんどです。ホルモンの状態が落ち着いてくると徐々にシミは薄くなる場合もありますが、加齢が原因でもあるため自然な改善は難しいでしょう。

 

上記のような原因から、急にシミが濃くなったと感じるケースが多く、40代の女性には特に多く見られる傾向にあります。この点を踏まえて、シミが濃くなる前からしっかりケアをすることで未然に防ぐことが大切です。

 

急に悪化したシミを改善・予防するお手入れ法

 

まず紫外線のお手入れです。日中の日焼け止めなどの紫外線対策は1年中行い、紫外線ダメージから肌をガードすることが重要です。そして受けてしまった紫外線ダメージは美白のスキンケアで過剰なメラニンの生成を抑え、スムーズは排出を促しましょう。

 

季節の変わり目、特に夏から秋にかけては肌の状態が一気に不安定になってしまいます。美白と保湿を重視し、季節の変わり目に負けない肌を維持できるように、しっかりお手入れを行っていきましょう。

 

次にホルモンバランスの乱れの改善です。40代頃になるとなかなかホルモンバランスをコントロールするのは難しくなっていきますが、食生活を見直すことで改善できる場合もあります。

 

飲酒・喫煙・睡眠不足・運動不足・偏った食事・過度のストレスなどを改善し、規則正しい生活を心がけることが重要です。また不足しがちなエストロゲンは豆乳などの大豆製品で同じような働きを補うことができるので、意識して摂取するようにしましょう。

 

シミのない美肌のためにできること

 

急にシミが悪化する原因は、やはり私たちの生活や肌状態の変化によって引き起こされていることがほとんどです。日頃から体や肌の変化に早めに気付くことができれば、シミやその他のトラブルを未然に回避することができるようになるはずです。

 

今回ご紹介した原因に思い当たる点がある方は、ぜひ早期に改善しシミのない美しい肌を維持できるように対策しておきましょう!