シミ 治し方

本気で取り組むシミ対策!改善しないシミを完璧になくす治し方

どんなに美白のお手入れをしても、なかなか改善しないシミってありますよね。
鏡を見るたびにため息が出てしまう方も多いのではないでしょうか…

 

そこで今回はなかなか改善しないシミを完璧になくす治し方をご紹介します。
皮膚科やエステでは、どんな治し方をするのか、ホームケアに限界を感じた方はぜひ参考にして、気になるシミを一掃しましょう!

 

気になるシミを完璧になくす治し方@外用薬・内用薬

 

 

ホームケアでなかなか改善しないシミを病院で治療する場合、シミの状態にもよりますが、外用薬と内服薬による治し方が一般的です。まず外用薬から詳しく見ていきましょう。

 

シミの改善で最もよく用いられる外用薬として「ハイドロキノン」が挙げられます。この薬はシミの原因となっているメラニン色素の過剰な生成を抑える効果が高く、同時にすでにできてしまったシミを強力に漂白していきます。

 

この「ハイドロキノン」は美白効果のある市販薬や化粧水などにも含まれている成分ですが、病院で処方される薬の方が「ハイドロキノン」の濃度が高いため、よりシミを改善する効果が期待できます。

 

シミの改善・予防効果が高い一方、長期使用することにより皮膚の色が一部まだらに抜け落ちてしまうことがあります。これは「白斑(はくはん)」と言われ、ハイドロキノンの副作用と考えられます。

 

次は「トレチノイン」です。この薬は肌の生まれ変わりをスムーズに促進する効果が高く、肌表面に蓄積したメラニン色素をどんどん排出していきます。肌の細胞を新しく生成する効果が高いため、シミだけではなくニキビやシワなどの改善にも効果が期待できます。

 

この「ハイドロキノン」と「トレチノイン」の2つの薬は一緒に処方されるケースが多く、併用して使用するようになります。

 

では次に内服薬を見ていきましょう。シミの改善にはビタミンCが重要な働きをします。
ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑制し、過剰に生成されてしまい蓄積したメラニン色素を排出しながら、シミの改善・予防にと大きな役割を持つ成分です。

 

病院によってビタミンCの内服薬の種類は変わることがありますが、最も多く処方される薬として「シナール配合錠」が挙げられます。

 

その他の内服薬としては、顔の左右対称にシミが広がる「肝斑(かんぱん)」の改善効果は期待できるトラネキサムさんが主成分となる「トランサミン錠」・「リカバリンカプセル」などが挙げられます。

 

上記のような外用薬・内服薬を併用して治療を進めていくことになります。
美容目的の治療なので基本的には保険適用外になりますが、シミの状態によっては保険が適用されるケースもあります。

 

気になるシミを完璧になくす治し方Aレーザー

 

外用薬や内服薬以外の治し方として、レーザー治療があります。レーザーには様々な種類がありますが、シミを除去する時には炭酸ガスレーザーやQスイッチルビーレーザー、YAGレーザーなどが用いられることが多いでしょう。

 

レーザーの種類は病院によっても違うため、病院を受診する前にどういったレーザー治療を行っているのか病院のホームページなどでチェックしておきましょう。

 

レーザー治療を行うにあたり、1週間から10日程度のダウンタイムが必要になります。その間はしっかり保湿のケアと紫外線対策を行い、肌を刺激やダメージから守りましょう。
その後3ヶ月から半年程度を目安にシミはほぼ消滅し、肌の状態も落ち着いていきます。

 

レーザー治療も外用薬・内服薬と同様に保険適用外の自由診療になるため、治療費は病院によっても違い、やや高額な治療費になる可能性があります。

 

気になるシミは効果的な治し方で一掃しよう!

 

やはりシミのお悩みを完璧に改善するためには、病院での治し方が一番効果的で確実な方法ということが言えるでしょう。処方薬と同じ成分の市販薬も多数販売されていますが、成分の含有量や効果は処方薬とは比べ物になりません。

 

またレーザー治療もピンポイントで気になるシミを除去できるため、いくらお手入れしても改善しないシミにはぜひ試していただきたい治し方です。

 

病院で医師に診断してもらうことで、あなたのシミの原因や一番合った治療方法を判断してもらえるのも、できてしまったシミの改善だけでなく、これからできるシミを予防するためにも重要なポイントになるでしょう。

 

ぜひ今回ご紹介したシミの治し方を参考に、今後のお手入れに役立ててみてください。