シミ 尿素

尿素でシミが消える!?効果的なシミ対策と予防法

気になるシミの改善に、みなさんどんなお手入れをされていますか?
美白美容液やクリームなど、いろいろ試したけどなかなかシミが消えない…と感じている方も多いのではないでしょうか。

 

諦めていたシミには、お手入れに「尿素」を取り入れることで、高い改善効果が期待できるのです。そこで今回はシミ改善と尿素の関係や効果的なお手入れ法などを詳しくご紹介していきます。

 

シミ改善に効果的なお手入れをぜひ今日から始めてみましょう!

 

シミが消える!?気になる尿素の効果

 

尿素がシミの改善にどう関係しているのか、まずはシミができる原因について見ていきましょう。

 

シミの元となっているのは、メラニンと言われる色素で紫外線などの外的ダメージを受けることにより、肌を守るために生成されます。肌を守るために重要なメラニンですが、過剰に生成されることにより、角質内に蓄積したものがシミの元になってしまうのです。

 

このメラニン色素は、ターンオーバーと言われる肌の生まれ変わりによって不要な角質と一緒に排出されていきます。しかしターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素が排出されずにどんどんと角質内に蓄積し、シミを濃くしたり増やしたりと悪化していきます。

 

ターンオーバーが乱れてしまう原因としては、睡眠不足・食生活・過度の飲酒、喫煙・ストレスなどの生活習慣の乱れや紫外線や乾燥などの外的要因による肌ダメージ、またエイジングなども挙げられます。

 

ターンオーバーが乱れることにより、肌表面にはメラニンを含んだ不要な角質が蓄積してしまうため、肌は潤いを留めることができなくなり、シミ以外にもゴワつき・くすみ・乾燥など様々な肌トラブルが生じやすくなります。

 

シミができる原因にターンオーバーの働きが大きく影響を与えていることがわかったところで、次に尿素がどのような働きをするのかを詳しく見ていきましょう。

 

尿素とは肌が本来持っている天然保湿成分の一つで、角質層に存在し、水分の蒸発を防ぎながら、肌に潤いをとどめる力が非常に高い性質を持っています。また肌表面に蓄積したゴワつきの原因となる不要な角質を除去しながら、お肌の柔軟性を高める働きを持つ成分です。

 

尿素はターンオーバーの乱れにより、蓄積された不要な角質を除去する働きでシミの元となるメラミン色素も一緒に排出してくれるのです。シミができやすい肌状態を正常な状態に戻すためにも尿素は重要な働きをしてくれる成分と言えるでしょう。

 

シミ改善に効果的!尿素を取り入れたお手入れ法

 

では尿素をお手入れに取り入れるにはどうすればいいのか…
最近では尿素が配合された化粧水やクリームなども多数市販されていますが、尿素を効果的に使用する時にはいくつかの注意点があります。

 

尿素は古い角質を除去するピーリング的な働きがあるため、過剰に使用すると逆にターンオーバーを早め、肌状態を不安定にしてしまうことがあります。尿素の常用は避け、肌にゴワつきやくすみ感を感じる時に、プラス1のケアとして使用するようにしましょう。

 

特に40代はエイジングや外的要因によって肌バランスを崩しやすい年代でもあります。お手入れの一つとして上手に尿素を取り入れることができれば、シミの改善だけでなく、エイジングに負けない美肌を保つことができるでしょう。

 

尿素入りのスキンケアを選ぶ時は、配合されてある尿素の濃度にも注目してみましょう。ハンドクリームや角質ケアのお手入れの場合、10〜20%程度の濃度で使用していますが、お顔の皮膚はとても薄いので、肌のためにも3%以下の濃度のものを選びましょう。

 

効果的に尿素を取り入れてシミのない美肌へ!

 

尿素は使い方や肌状態に合わせて使えば、シミのない美しい肌を保つことができます。
まずは自分の肌の状態や小さな変化に気付き、どんなお手入れをプラスするべきか見極めることが大切です。

 

今回ご紹介した尿素を効果的に使用する方法や注意点をしっかり守って、肌トラブルを一掃しましょう!